HOME > 愛車のメンテナンス > 安全なドライブ > 愛車を長持ちさせる為に

愛車を長持ちさせる為に

愛車の健康法

クルマは大事に乗っていても、長い付き合いのうちに、知らず知らず痛んでくる箇所が出てきます。
愛着のあるクルマだからいつまでも元気に走ってもらいたいもの。そのための秘訣を紹介しましょう

エンジン・オイルは定期的に交換を

エンジン・オイルは走行することによって汚れたり、量が減ったりします。オイルの規格によっても異なりますが、目安として走行距離5千km〜1万kmごと、あるいは走行距離が少ないときでも6ヶ月〜1年ごとに交換するようにしましょう。
また、オイルのグレード、クルマの使用状況によっては早めの交換をおすすめします。

イメージ

ページトップへ戻る

排気ガスでクルマの健康チェック

排気ガスはクルマにとって健康のバロメーターです。
色がいつもより黒ずんでいたら、自動車整備工場に相談して原因をつきとめましょう。

イメージ

ページトップへ戻る

異音と振動も点検の大切な目安

走行前にエンジン音を聞いて、エンジンの調子を判断するのも大切な点検です。少しでも変だと感じたら早め早めに整備しましょう。
また、走行中のキィーキィーする異音、ものが焼けるような異臭、異常な振動を感じたら、緊急事態発生の前ぶれです。
すぐに自動車整備工場に相談しましょう。

イメージ

ページトップへ戻る

燃費のよしあしは好不調のバロメーター

ガソリンを入れるたびに、前回からの走行距離と、その時の交通状況を記録し、燃費の変化をチェック。
「最近、燃費が悪いなぁ」と感じたら早速点検しましょう。

イメージ

ページトップへ戻る

長期間放置は不調の原因

クルマは走るために作られたもの。
長期間使用しないで放っておくと、かえってエンジンその他の調子が悪くなり、クルマの性能はどんどん落ちてしまいます。
クルマも人間同様に、適度な運動が必要です。

イメージ

ページトップへ戻る

ランプ類はこまめに点検

ヘッドランプやブレーキ・ランプ、ウィンカ・ランプなどは、切れたことを知らずに走行している人が意外と多いもの。
走行前に点灯チェックをきちんとしましょう。

イメージ


ページトップへ戻る