HOME > 愛車のメンテナンス > 安全なドライブ > ドライブ疲れのストレッチング

ドライブ疲れのストレッチング

長時間ドライブの際に必要な事

長時間ドライブでは、「疲れたな」と自覚する前に、ちょっとした時間をつくり、ストレッチングなどでリフレッシュすることが大切です。呼吸は自然に、のばすときはゆっくりと、気持ちがいいと感じる範囲で。
家族や友人とおしゃべりでもしながら、ゆったりとした気分で行いましょう。

ページトップへ戻る

足のストレッチング

足の血流が悪くなると脳に酸素がいかなくなり眠くなります。

ページトップへ戻る

車内のストレッチング

長時間のドライブや渋滞にはまってしまったときなどは、車内でもできるストレッチでリフレッシュ。
信号待ちの間に首を回転させたり肩を上げ下げするだけでも、イライラや眠気を軽減できます。

●肩の筋肉のストレッチング

背筋を伸ばし、両方の肩をすくめるように引き上げます。その姿勢を15秒くらい続けてから、肩の力を抜いて脱力。数回繰り返すと肩や背中の筋肉の血流がよくなり、コリの改善に。

●首の筋肉のストレッチング

まず、背筋を伸ばし、肩の力を抜いて脱力。15秒くらいかけて首をゆっくり回します。終わったら反対方向へ。途中で気持ちよく感じる部分があれば、そこで止めるのも効果的です。


ページトップへ戻る

クルマから降りてのストレッチング

休憩をとる場合は、ほんの少しの時間でもいいのでクルマから降りましょう。新鮮な空気を吸うことで頭の働きもリフレッシュされます。ストレッチの前後には、ももを高く上げ、腕を大きく振りながらクルマのまわりを一周するとさらに効果的です。

●肩と腕の筋肉のストレッチング

クルマから80cm(1歩半くらい)離れ、両足を肩幅くらいに開いて立ちます。両手をクルマにかけ、肩を入れるようにしながら背すじを伸ばして体を前に倒します。そのまま20秒ほど静止します。

肩と腕の筋肉のストレッチングイメージ


●腹部・胸・太ももの筋肉のストレッチング

クルマに背中を向けて立ち、後ろ手につかまります。
胸は心もち張るようにそらせて。かかとが地面から離れないように気をつけながら静かに腰を沈めます。そのまま20秒静止します。

腹部・胸・太ももの筋肉のストレッチングイメージ


●背中と腰の筋肉のストレッチング

クルマに背中を向けて立ち、つま先が浮かないように気をつけながら上体をゆっくりひねり、両手でクルマに触れます。
急激に行うと腰に負担をかけやすいので、15秒くらいかけてゆっくりと、左右両方向に行います。

背中と腰の筋肉のストレッチングイメージ


ページトップへ戻る