HOME > 愛車のメンテナンス > 定期点検 > 定期点検整備の必要性

定期点検設備の必要性

定期的な点検整備の必要性

自動車の技術がいくら進歩しても、点検・整備の必要性がなくなったわけではなく、使用していく課程で構成部品の磨耗や劣化は進行していきます。
自動車を安全で快適に使用するためには、自動車本来の性能を維持することが必要です。
日頃の保守管理を怠り、部品の磨耗や劣化が進行すると自動車の故障につながり、ひいては交通事故や交通渋滞の原因となり、また、有害な排気ガスによる大気汚染は健康への被害や地球環境の悪化につながるなど、自動車使用者は被害者にも加害者にもなりえます。
このため、定期的に点検・整備を行い、ブレーキ等分解しないと解らない内部の部品の磨耗や劣化状態を把握して、いつでも安心して乗れるようチェックしましょう。

ページトップへ戻る

点検・整備のすすめ

クルマは、今や社会生活に欠かせないものの一つであり、一家に2台以上の時代となっております。そのクルマを「安全で環境にやさしい」状態に保つためにも、定期的に点検・整備を受けるようお願いいたします。
 ご存知のとおり、クルマは複雑な機械部品、電子部品など約3万点もの部品で構成されており、使っているうちに各部品が劣化し、装置などの機能が低下していきます。これらが自動車の故障につながり、ひいては交通事故につながる危険性もあります。故障を未然に防ぐためにも、定期的な点検とその結果に基づく適切な整備が必要となります。
 我々自動車整備工場では故障車の整備をはじめ、車検・定期点検整備や自動車保険など安全を確保するいろいろな業務を行っています。 お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る

安全が最優先の車には、点検整備が不可欠です。

クルマの部品は消耗品です。

クルマはエンジンをかけているだけで、オイルやベルト類などが劣化・磨耗しますし、走行によってタイヤやブレーキ部品なども磨耗・損傷します。また、走らなくても時間の経過でバッテリやオイル類などが劣化するほか、温度変化や湿気、泥の付着による不具合なども意外に多いものです。

ページトップへ戻る

クルマのトラブルは周囲に悪影響を与えます

クルマは公道を走るという性格から、走行中の故障が他の交通の妨げになるケースも少なくありません。大渋滞の原因になるだけでなく、最悪の場合、他人の命を脅かすような大事に発展することもあります。
またエンジンの不調時の排気ガスなどは、環境問題にも関わってきます。

ページトップへ戻る

定期的な点検・整備を心掛けましょう

多くの人が点検整備の必要性を知りながら、毎日の忙しさや『今まで大丈夫だったから』という理由でついおろそかにする傾向があります。トラブルが起きてはじめて後悔するケースも少なくありません。
日頃から「自分のクルマは自分で守る」積極的な心構えが大切です。

ページトップへ戻る