HOME > 車のトラブル > トラブル対処法 > パンクしたら(タイヤ交換)

パンクしたら(タイヤ交換)

トラブル対処法

パンクしたらまずはスペア・タイヤ(応急用タイヤ)に交換しましょう。
このページではその手順を紹介します。

1

使用する工具とジャッキ等を準備します。
右の写真が必要な道具一式です。

2

パンクしたタイヤの対角線上にあるタイヤを、輪止め等で固定します。

3

パンクしたタイヤのホイール・キャップをはずします。

4

ホイール・ナットを少しだけ緩めます。

5

パンクしたタイヤの近くのジャッキアップ・ポイントを確認します。

6

パンクしたタイヤの近くのジャッキアップ・ポイントに、ジャッキをかけます。

7

パンクしたタイヤが地面から少しはなれるまで車体を持ち上げます。

8

ホイール・ナットを取り外し、パンクしたタイヤをスペア・タイヤと交換します。

9

仮じめ

ホイール・ナットを取り付け、上記に示す番号順にタイヤががたつかなくなるまで、2〜3回に分けて仮じめします。

5穴用の場合は、しめる順番は左記のようになります。

10

本じめ

車体を下げ、ジャッキをはずしてから、仮じめのときと同じように2〜3回に分けて、ホイール・ナットを十分にしめつけます。

取り付けたタイヤが、応急用の場合は、パンクしたタイヤを早く修理して、もとの位置に取り付けてください。

ページトップへ戻る