HOME > 愛車のメンテナンス > 日常点検 > クルマのまわりを回ってここを点検

クルマのまわりを回ってここを点検

タイヤの空気圧チェック

タイヤの接地部のたわみの状態により、空気圧が不足してないかを 点検します。なお、タイヤゲージがあればより性格に点検できます。
※空気圧が低いと燃費に影響します。
※ときどき、スペア・タイヤの空気圧も点検しましょう。

タイヤの指定空気圧は、運転席ドアの端やセンターピラーに貼付されているラベルに表示されています。

走行時の安定性が悪くなる。
燃費が悪くなる。
ハンドル操作が重くなる。

ページトップへ戻る

タイヤの亀裂、損傷及び異常な磨耗のチェック

(1)著しい亀裂や損傷がないかをタイヤの全周にわたり点検します。
また、釘、石、その他の異物が刺さったり、かみ込んだりしてないかを 点検します。

(2)タイヤの接地面の片側だけや一部だけが以上に磨耗してないかを点検します。

※亀裂、損傷や異常磨耗したタイヤでの走行はとても危険です。早急に取り替える必要があります。

パンク、バースト(破裂)。
スリップ。
制動距離が長くなる。

ページトップへ戻る

タイヤの溝の深さのチェック

溝の深さが十分あるかをスリップ・サインなどにより点検します。
なお、デプスゲージを使用すれば残り溝の深さがわかります。

※亀裂、損傷や異常磨耗したタイヤでの走行はとても危険です。早急に取り替える必要があります。

パンク、バースト(破裂)。
スリップ。
制動距離が長くなる。

ページトップへ戻る

ランプ類の点灯、点滅、およびレンズの汚れ、損傷のチェック

(1)エンジン・スイッチをONにして、ヘッドランプ、テール・ランプ、ライセンス・ランプ、ブレーキ・ランプ、クリアランス・ランプ、バックアップ・ランプなどの点灯具合やウインカ・ランプの点滅速度が不良でないかを点検します。

(2)レンズなどに汚れや損傷がないかを点検します。

他車への意思表示ができない。

ページトップへ戻る