HOME > 車のトラブル > トラブル対処法 > バッテリがあがったら

バッテリがあがったら

1

ブースタ・ケーブルを接続できる位置に救援車を止めて、エンジンを停止しておきます。

2

ブースタ・ケーブルを次の順に接続します。
※接続の際、+(プラス)と−(マイナス)を間違えないようにしてください。
※ブースタ・ケーブルは太くてしっかりしたものを使いましょう。

赤ケーブルを、バッテリがあがった車の+(プラス)側バッテリに接続します。

バッテリあがりの車から行います。
赤いケーブルをバッテリの+(プラス)側に接続します。

3

赤ケーブルの反対側を、救援車のバッテリの+(プラス)側に接続します。

4

黒いケーブルを、救援車バッテリの−(マイナス)側に接続します。

6

最後に反対側の黒いケーブルをバッテリあがりのクルマのエンジン本体のフックに接続します。

7

救援車のエンジンをかけ、エンジンの回転数を少し上げます。次にバッテリあがりのクルマのエンジンをかけます。エンジンがかかったら、ブースタ・ケーブルを接続したときと逆の順序で取りはずします。

※ブースタ・ケーブルが冷却ファンやベルト類に巻き込まれないように注意してください。

バッテリあがりの原因

・バッテリが古い
・電装品の過剰使用
・発電機のトラブル等
・ライトの消し忘れ
・長期間放置

理由の分からないバッテリあがりの場合、バッテリを交換する前に自動車整備工場で点検を受け原因をつきとめましょう。

ページトップへ戻る